スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめん寝




ずっと更新していなくて、






ごめん寝






IMG_0304.jpg







久しぶりの更新になりました。




その間の出来事です。




3月下旬、るるは、以前から悩まされていた難治性口内炎の治療のため、
奥歯の抜歯の手術を行いました。

手術自体は無事に終わったのですが、
その後、原因不明の体調の悪さが続き、
病院に何度か行きましたが、「様子をみましょう」とのことで、
日々を過ごしていました。

しかし、手術から約10日後、容体は急変・・、
あいにく、手術をした病院は休診日で連絡がつかず、
慌てて別の病院に駆け込んだ時には、
肺に水も溜まり、呼吸もおかしくなっていました。

生死をさまよう事態に陥り、
治療をするか、最期の覚悟で家に連れて帰るかを選択することに・・。

結局、治療に賭けてみることにし、るるを病院に預け、
その日の午後6時頃に人間は帰宅。
入院中のるるは、酸素室に入り、濃厚な治療をしてもらいました。

病院が閉まる午後8時頃、電話で様子を聞くと、
6時の時点よりは落ち着いてきている・・、とのこと。
ほんの少~しだけホッとしました。
翌日は朝、昼と見舞いに行くと、
酸素室内で寄ってきたり、ご飯も少し食べているとのこと、
昨日よりは回復しているようで、あぁ、持ち直すかもしれない・・と
だいぶホッとしました。


その後、そのまま順調に回復し、3日後退院となったのですが、
そこで出た診断は、「肥大型心筋症」という病気でした。
おそらく、もともとも少しはあったであろう病気が、手術時の麻酔で悪化し、
このような事態になったのではないか・・・とのこと。


これには、だいぶ聞き覚えがあるのです。
というのは、私(ねえたん1号)の友人の猫くるみちゃんが、
同じように、避妊手術の際の麻酔で肥大型心筋症が悪化し、
るると同じような事態になった話を、よくよく聞いていたのです。
くるみちゃんの病院のT先生によると、猫には割と多い病気だそうで、
余談ですが、T先生はくるみちゃんの一件以来、心雑音を聴きわける腕を上げたらしく、
手術前に何匹かの猫の心臓病を発見したそうなのです。


そして、るる。
手術をした病院によると、手術の際、「血圧が下がった」ということを
聞いていました。
今思うと、これは心臓病の影響だったのではないかと思うのです。



今現在、るるは、とても落ち着いています。
もちろん、心臓病の薬を服用しているうえでの状態ではありますが・・。


抜歯の手術が終わったら、これまでの 難治性口内炎の経過やあれこれを
書こうと思っていたのですが、新たに心臓病も加わることになってしまいました。
今となっては、手術という、この選択でよかったのか、答えは出そうにはありませんが、
それも含めて、病気の経過も徐々に書いていければと思います。






更にわがまま姫にパワーアップるる

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

theme : 猫のいる生活
genre : ペット

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

syrup

Author:syrup
   
るるは、実家の飼い猫です。
実家からの送られてくるネタを元に
日々のるる(♀)話を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

  るる も会員♪


QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。